Special Contents

【ウォークスルーとウォークインの違いとは?】

こんにちは! 東京でリフォーム専門店を展開しているR2ホームアールツーホーム)です。

収納はできるだけ広いほうが理想ですが、広くし過ぎると今度は居住スペースが狭くなってしまいます。なかなか悩ましいところですが、人気の収納の1つに、ご存じ「ウォークインクローゼット」があります。歩いて入れるため使い勝手はとてもよい反面、やはりどうしてもスペースを取ってしまいます

そこでもう1つ検討したいのが「ウォークスルークローゼット」です。ウォークインは出入り口が1つしかなく行き止まりがあるのに対し、ウォークスルーは出入り口が2つあるため、文字通り〝スルー〟することができます

通り抜けることができるウォークスルーは、回遊性を高めることが可能です。たとえば寝室とリビングの間に設置すれば、朝の身支度をしながらリビングに向かうことができるほか、外出して花粉やほこりの付いた洋服を寝室へ持ち込まずにすみます。

ただし水回りの近くに設けると湿気がこもりやすいので、動線をよく検討しなければなりません。しっかり考えられたウォークスルークローゼットであれば、空間を有効活用しながら、収納スペースを増やしてくれるでしょう。

※画像はLIXILのホームページより引用

リフォームのご相談はお気軽に!

関連記事