完成事例/マンション

二人の新しい生活のため、優しさに満ち溢れた空間に。 中央区豊海町M様邸

ご結婚が決まり、ご主人が1人で住んでいた築30年のマンションをリフォームすることにしたMさんご夫妻。
基本の間取りは変えず、キッチンや風呂など水回りをすべて新しくし、床と壁紙を貼り替えました。
また和室を洋室にし、仕切り壁を取り払って開け放てる扉に替え、広々と使えるようにしました。

  • フローリング床 幅広で、木目の柄が自然なところが気に入って真っ先に決定したフローリングの床。床に合わせて扉や壁を選んでいきました。
    表面がノンワックスなので、肌触りのよい落ち着いた感じ。特殊コーティングが施されていて、傷つきにくく、すべりにくいのもうれしいところ。

  • ダウンライト リビングとベッドルームの間の梁下にもLEDのダウンライトを設置。
    調光式なので、省エネと雰囲気作りの両方の意味を込めて、少々暗めで使用することが多いようです。

  • 壁紙 自然な雰囲気の床に合わせて、壁は珪藻土にしたかったご主人。でも塗りとなると、時間もコストもかなりかかってしまいます。
    そこで奥様が選んだのが、手塗り調の白い壁紙。やさしい雰囲気が床にもマッチしています。

  • 仕切り扉 仕切り扉には、締め切っても明かりは通るようにと光透過性の扉を採用。天井から吊るタイプで、
    床にレールがないので、開けたときに部屋の一体感が感じられます。掃除が楽なのも助かります。

  • ベッドルーム もともと和室だった部屋を洋室にしてベッドルームに。押入はクローゼットにしました。クローゼットの扉自体は既製品ですが、
    取っ手だけは取り替えて全室共通に。ちょっとしたことですが、家全体のインテリアに統一感が出るのだそうです。

  • リビングのドア 廊下とリビングの間のドアは、中の雰囲気がそれとなく感じられる磨りガラスを希望。
    でもカタログには思うものがなく、奥様がご自身でネットで調べて見つけ、担当者に相談して取り寄せてもらいました。

  • キッチン 掃除がしやすい人工大理石の調理台とガラストップのガスレンジ。流し台下の収納は、引き出し式を希望。使いやすくて収納力が高いと聞いていましたが、
    使ってみてその良さを実感。一番下にある薄い引き出しには、重ねすぎると取り出しにくくなるフライパンや薄鍋を入れています。

  • キッチンの照明 キッチンには照明のほかに天井に埋め込み式のダウンライトも付けました。電気消費量の少ないLEDなので、気兼ねなく点けられます。

  • キッチンの壁と床 油ハネや水ハネが気になるキッチンまわりの壁は、以前はタイルでしたが、
    手入れが楽なキッチンパネルにしました。床はテラコッタ風のフロアタイル。水に強く、物を落としても割れません。

  • 洗面 照明には顔映りがよい特殊な光源のライトを採用。強いライトを浴びながら化粧をして、自然光の下に出たら鏡に映っていた顔と違う!
    なんてことは起きません。洗面台横の棚は奥様が手頃な物を見つけて購入。寸法を合わせてスペースを空けておきました。

  • 廊下の照明とドア アンティークな雰囲気が素敵な玄関の照明は、以前からご使用になっていたもの。
    これを継続してお使いになりたいとのことで、それに合わせて部屋の扉は木目調の白をご提案しました。やさしい明かりに白が映えます。

ここを学べ!

基本的な間取りを変えなくても、壁を一部なくしたり、壁紙や床のデザインを工夫するだけで、驚くほど開放的な空間にすることができます。収納も押し入れをクローゼットにするなど、少し変えるだけで使い勝手が格段に良くなりますよ。

Before
Ater

リフォーム前の課題

築30年で水周りがかなり使いにくくなっていました。部屋全体が暗く、実際の面積より狭い印象がありました。

データ

  • ●築年数:30年
  • ●構造:RC造
  • ●工期:1.5ヶ月
  • ●工事面積:73m²
  • ●工事費用:600万円

お問い合わせ・資料請求はこちら